FC2ブログ

阿弥陀 北西稜 & 小同心クラック


1月24日~26日で八ヶ岳へ。

夜勤明けのMm君を待って朝出発。

40を超えると夜12時が限界で、12時を超えて寝ると次の日の体調は最悪だが、先日成人式を終えたばかりのMm君はなんともないようで羨ましい。




初日は行者小屋までの荷揚げ。 1度行者小屋まで上がり、テント設営後、時間があったので北西稜へのトレース付けへ。

P1000515_convert_20150127192907.jpg
北西稜取り付き


南沢を上がり、摩利支天大滝への入口に付いている青色のテープを越え、しばらく上がると取り付きが。北西稜は名前こそ北西と付いているが、尾根は真北に伸びているので、ここから尾根を目指し真南に上がり稜線へ。

先週何パーティーか入っているようでトレースがあり助かりました。トレースがあっても一苦労だったので、なかったら大変でした。

ある程度目星が付いたところで下山。



25日


夜明け前にテン場を出、日の出頃稜線へ。


P1000516_convert_20150127192952.jpg 

北西稜、難しかったです。 第1岩壁は右にトラバース後上がるとトポにあったが、岩壁の左にルートをとってしまい、足元が切れている上に、岩が張り出して緊張するトラバース後、草付きを上がり稜線へ。ルートを通して一番の核心でした。

( St - Iz・Mm )


下山後、時間も早かったので、明日に備え赤岳鉱泉へテント移動。



26日


小同心クラックへ、大同心稜から上がり、日の出頃取り付きへ。

もっと雪が付いているかと思ったが、ほとんど岩むき出しで、ホールド、スタンスも拾いやすかったので、アイゼンを付けてのインドアクライミングのような感じで登っていて面白かったです。

( Iz - St・Mm )


昼頃テン場に戻り、帰り支度していると、人間慣れしたコガラが。

初めの方は、ちょっと警戒し餌をとっては離れての繰り返しだったが、最後の方は足元で。

次回もコガラに会えることを期待し、下山。



P1000518_convert_20150127193051.jpg


P1000517_convert_20150127193214.jpg 


( St ・ Mm )

御在所岳 奥又


昨日に引き続き奥叉へ


昨日からの雪で藤内沢もラッセルでした。



( St・Sz・Us・Ho・Mm・Ks )

御在所岳 奥又



猛吹雪の中、奥又アイス


顔も上げられない程の吹雪だったので、ビレイヤーが一番の核心でした。


( Sz・Mm・Ks )

御在所岳 奥又


今シーズン初の奥又。

登り方を思い出すのに時間が掛りました。


( Oz・Ks )

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】