FC2ブログ

ソウル~セントレア  10日目



9月25日(日)  10日目


朝から仁川空港へ。

帰国。

釜山~ソウル  9日目



9月24日(土)  9日目


ソウルへ戻り、泊まる宿を探しながら、町中を当てもなく散歩。


観光地ではなく住宅街など入ると、韓国の日常生活が見られ、結構面白かったです。


夕方になっても宿が確保できず、ちょっと焦ってきましたが、飛び込んだバックパッカー宿に空きがあり一安心。




釜山観光 8日目

9月23日(金) 8日目

今日は釜山から離れ済州島に行きたかったが、体調が思わしくなく、ホテルの近場の国際市場などをブラブラ。

映画「国際市場で会いましょう」

その後海辺で散歩したり昼寝で1日



DSCF6508.jpg


DSCF6510.jpg 







ソウル~釜山観光  7日目

9月22日(木) 7日目

今日帰国のIKさん、Mm君

Ikさんとは明洞の駅で別れ、Mm君を見送りに空港へ。その後、釜山へ。

DSCF6480.jpg 


DSCF6482.jpg 

インスボンが終わった後、1人韓国をブラブラしようと思っていたが、ここには絶対行きたいというところが特になく、そんな中ソウルの観光案内書のパンフレットで見つけた釜山の甘川洞文化村というところが気になり。


DSCF6483.jpg


DSCF6498.jpg 
村全体が迷路のようになっており、狭い路地の中1軒1軒がきれいなアートで彩られており、1日中歩いていても飽きることがありませんでした。


DSCF6488.jpg


DSCF6500.jpg 

DSCF6494.jpg 

DSCF6495.jpg 


DSCF6491.jpg 


DSCF6493.jpg 




DSCF6515.jpg 

DSCF6520.jpg 

DSCF6519.jpg 

DSCF6518.jpg 

DSCF6517.jpg 

DSCF6516.jpg 



ソウル観光  6日目

9月21日(水) 6日目

ソウルで観光。の予定が、皆特にここに行きたいというところもなく、登山用具店が立ち並ぶエリアへ地下鉄で。

DSCF6461.jpg
クライミング以外ではなかなかのトラブルメーカーぶりのMm君でした。

登山用品店エリアでマムートの店があったので入ってみると、アウトレット品がなんと70%OFFで売っており、LIFE PAGE最終セール並みに皆で買いあさってしまいました。

今シーズンは自分も象さんマークで頑張ります。



その後はおのおのブラブラ市場など周り


DSCF6473.jpg



 DSCF6472.jpg


DSCF6477.jpg 

韓国料理。自分には合いませんでした。白雲山荘は日本人客に味を合わせてくれているようで、連日めちゃくちゃおいしかったのですが、ソウル入りしてからは食べたいものがなくなり、ジャンクフードが恋しくなりました。2人が韓国料理を満喫している中、自分はとんかつ定食を。


インスB~下山ソウルへ  5日目

9月20日(火) 5日目

今日は下山日なので、短めなインスBへ大スラブから。

インスボンの話を初めてから気になっていたのが、下部大スラブ。現地ガイドはスタスタ歩いて登り、仮に滑っても大の字で体全体のフリクションでスピードを殺しなど本で読み、どんなものかと。

すべてスラブルートでインスBに取りつくこともできるが、大型のカムをもってきているなら、大スラブ1P目は横に走るワイドクラックが面白いと同泊した方から教えていただき、そこからスタート。

「自分にリードやらせてください」と何とも頼もしいMm君に自分とIkさんはダチョウ倶楽部に。

グレードこそ分からないが、結構しょっぱかったです。10a以上はあると思いますが、よく初見で行ったと思います。


DSCF6424.jpg




大スラブ2P目・3P目はスラブルートで。傾斜がない代わりに、ボルトも皆無という大スラブは、フリクションがよく効き快適に登れましたが、それでももうちょっとピンがほしいところでした。

DSCF6425.jpg 

大スラブも堪能し、インスBへ。

DSCF6429.jpg
2P目


DSCF6435.jpg 
3P目

インスB終了後は横の懸垂地点から。

インスボンを登る方の多くは60mザイルのようで、それでも50mでも懸垂支点が。

ただ今回に限ってはなぜか1m支点まで届かず、20mほど登り返し。やっぱりバックアップは重要でした。


DSCF6444.jpg
無事クライミング終了

( 大スラブ横のワイドクラック1P‐Mm  大スラブ2P‐Iz  大スラブ3P‐Ik  インスB1P‐Iz インスB2P‐Mm インスB3P-Ik )

DSCF6451.jpg
荷物をまとめ李さん夫婦・同泊した方々に挨拶し下山。
下山中には500ml×80本を歩荷中の雑誌で見たことのある白雲山荘、歩荷一筋30年の方と。


DSCF6447.jpg
インスボン全景


DSCF6448.jpg
シュイナードA&B


DSCF6452.jpg 
登山口


行きはスユ駅からタクシーでトソンサまで来たが、帰りはトソンサからバスがあるので1000Wで乗れると聞いていたが、このバスはトソンサ(寺院)に信仰に来た人の専用バスで、バスに空席があれば、1000Wのお布施を払い乗せていただけるとのこと。

最初訳が分からず、お前たちは歩けとドライバーに言われ、ほかの外国人登山者が色々ドライバーに話しかけていたら、ドライバーもキレてしまい、俺たちが外国に遊びに行くときはその国の言葉を勉強していくが、お前らは韓国に来ても母国語の英語でしゃべってくるから頭にくるようなことを言っており、その通りだとちょっと反省してしまいました。

結局は乗せて頂くことができ、根はいい方でした。

下山後は明洞のホテルへ。


インスリッジ  4日目

9月19日(月)  4日目

今日はインスボンで一番長いピッチのクローニーで振り子トラバースをやってみたかったが、昨日のシュイナードAでだいぶ疲れがたまってしまい、クールダウンでインスリッジへ変更。



DSCF6387.jpg 
インスリッジ取りつきには立派なルート図が


白雲山荘から1時間弱、山岳警備隊の詰め寄り所の辺りから入り、尾根を2つ超えインスリッジへ。初めてだと取りつき敗退になりそうなアプローチでしたが、白雲山荘に泊まっていた日本人ガイドの方に色々地図まで書いて教えていただきあまり迷うことなく取りつきへ。


Ikさんスタートで。

DSCF6389.jpg 


御在所の前尾根くらいをイメージしていたが、前尾根よりちょっとピリ辛でした。


DSCF6392.jpg 



DSCF6393.jpg 


途中1か所だけ大岩のところがルートファインディングが難しかったが、ここも事前に教えていただいていたので、無事通過できることが出来ました。


DSCF6398.jpg 



DSCF6399.jpg 



 
DSCF6400.jpg


高度感・展望と最高のルートでした。


そのままインスボンの山頂へ。


DSCF6402.jpg 



DSCF6403.jpg 


下山西面より懸垂3回



DSCF6409.jpg



DSCF6411.jpg 



20160926193814.jpg 


3人がそれぞれ登りたいところをリードで登った為、ロープの付け替えなどで、時間はかかってしまいましたが、自分たち以外誰もいないインスリッジを満喫できました。クラック・フェース・スラブ?と変化にとんだ面白いルートでした。

DSCF6414.jpg 

白雲山荘の李夫婦と



DSCF6417.jpg
色々ルート等教えていただいたHwさんも交えて



DSCF6420.jpg
白雲山荘の愛犬 サンドリー

( 1P-Ik  2P-Iz  3P…その後思い出せません 計10Pくらい?)






シュイナードA  3日目

9月18日(日)  3日目

今日は今回のメイン、シュイナードAへ。

取りつきには、人気ルートの日曜日とあって、多くの人たちが。

4~5Pのルートなので、ゆっくりスタート。

DSCF6366.jpg
取りつきより1P目


DSCF6367.jpg
2P目 終了点より



日本ではあまり見ることはないが、韓国では当たり前のように1人のガイドが5・6人耳珠繋ぎで引っ張るようですが、自分たちの先行ガイドパーティーは今回リードクライミング講習のようなことをやっており、大渋滞。日本では考えられませんが、韓国の人たちは皆辛抱強く待ってました。

1番に取りつかなかった自分たちが一番いけないのは分かっているが、核心前のBPで待ち疲れました。


DSCF6369.jpg
3P目
下からリードクライミング講習を飽きるほど見ることができたので、核心のムーブも頭に入り、Mm君スタート。

DSCF6370.jpg

DSCF6372.jpg 
上の核心も無事超え、そのあとはさほどではないと思っていたが、逆に乗越た後の長いクラックが大変でした。

Mm君もなんども心が折れそうになり、テンションをかけようと思ったそうですが、OSの重要性を三重県のクラックマスターから叩き込まれた彼は、最後までテンションかけることなく見事(他人のムーブを飽きるほど見てしまってはいますが・・・)OSでした。おめでとう!


ちなみにIkさんと、自分はあまりこだわらず(こだわれず)何回かテンションをかけながらの登りになってしまいました。


多くのクライマーはこのピッチを終了とし同ルートの横を懸垂下山するようですが、どうせならイヤーズロックまで登ろうと4P目へ。


4Pめは10台のスラブルートに行ってしまい、A0でボルトの上に乗ったものの、次のボルトまで3・4歩上がらなくてはならず、その前で落ちると痛い目に合うと考えてしまった瞬間に体が固まってしまい・・・

「落ちるよ!落ちるよ!」を連呼したあとFall。

再度右のやさしいスラブからイヤーズロックへ。蜘蛛の糸にも助けられました。

DSCF6374.jpg
イヤーズロック

DSCF6376.jpg 

下降の懸垂でも渋滞で、時間を持て余していたが、韓国人のナイスなクライマー2人に生き返りました。この山行で一番の幸せな瞬間でした!


( 1P-Ik  2P-Iz  3P-Mm   4P-Iz  )

シュイナードB 2日目

 
9月17日(土) 2日目

いよいよクライミングへ。

・・・が、昨夜から朝方にかけ小雨だったが雨が。しかし午後には乾くのではないかと、ゆっくり準備し午後からシュイナードBへ。
日当たりもよく、風通しも良いので、概ね岩も乾いていてまずまず。



DSCF6340.jpg
取りつき
DSCF6342.jpg
2P目

DSCF6344.jpg 
シュイナードB 核心の2P目は人気ルートなのか、下開きクラックでカムセットでの登りだとロープがスタックしてしまうのか、ところどころにボルトが。ただ、下開きからサイドクラックになってからはボルトもなく、かつ剣の成城大ルートほどではないが、フレーク状であまり岩が堅そうじゃなかったので、カムのセットも難しそうなうえ、湿り気のある岩と、リードだとおっかなかったと思います。リードをかってでてくれたMm君に感謝です。
DSCF6345.jpg 

DSCF6350.jpg 
3P目
DSCF6351.jpg
3P目

DSCF6352.jpg
4P目

DSCF6355.jpg

4P目


DSCF6362.jpg

( 1P-Iz  2P-Mm  3P-Ik  4P-Mm  )

セントレア~ソウル~白雲山荘  1日目



9月16日(金) 1日目

13時50分発のチェジュ空港でソウルへ。

Mm君に家まで来てもらい11時のフェリーでセントレアに、2時間の余裕をもっての出発の予定が、待ち合わせ時間に寝坊の連絡が。

それでも12時のフェリーに乗れれば1時間前には搭乗手続きできると、ゆっくりでいいよ!と余裕があったが、いざフェリー乗り場に着くと、

次便出航13:00の看板が。空港着が13時45分

てっきり1時間に1本と思い込んでいたが、12時台のみ欠便で、そこから2人して大慌て。


急いで車に戻り、ナビで検索すると1時間ちょっとなので、車で向かう。

高速はガラガラでナビの到着時間も徐々に短くなり、あまり飛ばさなくても間に合うよ!などと話していたら、Mm君が突然「やられた」と。

自分は全然気が付かなかったが、ずっと赤色灯をつけてMm号を追っていたみたいです。

DSCF6330.jpg

この時点で、仁川空港で待ち合わせのIkさんには申し訳ないが、今日中のソウル入りは半ばあきらめ、スマホで別の便を検索していたら、意外に早く解放され、空港へ。

フライト45分前に空港の駐車場に着くが、駐車場には満車のランプばかり。

1㎞程離れた臨時駐車場への案内に、完全に希望が途絶えたが、ダメ元で空港から一番近い満車の駐車場で車を回していたら、1台分がたまたま空いており、すぐさま停め走ってチェックインカウンターへ。


チェックインカウンターでの搭乗手続きもフライト30分前ではすでに終了していたが、スタップの方が何とか対応してくれ、ギリギリセーフ。


しかし、預け荷物の重量オーバーでカム1式を手荷物に移したり、手荷物検査でカム1式で検査官に色々質問されたりと、ゲートに着いたのが15分前と、何から何までギリギリ・バタバタの搭乗でした。


その後は、仁川空港でIkさんと無事合流し、インスボンでは携帯が使えるとのことでWi-Fルーターをレンタルし白雲山荘へ。

17:00仁川空港~18:00ソウル~18:40スユ~19:10トソンサ~20:30白雲山荘

白雲山荘に着くと李さんが出迎えてくれ、ポカリを御馳走になり、夕食へ。


後から考えてもよく予定通りに到着出来たのが、不思議なくらいの初日でした。


( Ik・Mm )


 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】